おきらく主婦の気ままなおしゃべり。更新がまったくされていないHPはこちら。http://www.dab.hi-ho.ne.jp/mee-mi/


by mee-sayur

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

北斗星

この夏のたいちとのふたり旅のメインは北斗星に乗ることです。

寝台列車の旅、わくわくしますねぇ。
私にとってはイギリス、マドリッド、タイに続いて4度目の寝台車です。

私の初めての寝台列車はイギリスです。
ロンドンからエジンバラまで行きましたが、と~っても快適でした。
朝紅茶のルームサービスがあり、「イギリスねぇ」と実感した次第。

二度目の寝台列車は国際列車で、
マドリッド(スペイン)~リスボン(ポルトガル)。
多分二等寝台だったと思う。ほとんど記憶にございません。

三度目の寝台列車はタイ。
チェンマイからバンコックまで二等寝台の上段。
エアコンが効きすぎて寒かったのを覚えています。

そして今回が初の国内寝台列車の旅。

だいたいの日程を計画し、
いつもチケットの手配でお世話になっているJTBさんにお願いに行く。

「今回はどういったことでしょうか?」とにこやかな対応。
「夏休みに北斗星に乗りたいのですが」と言うと、にわかに表情が厳しくなる。

「北斗星ですか~厳しいですねぇ」
「望み薄ですか?」
「はい。どうしてもということであればびゅーさんにもお願いした方がいいです。」

で、一応チケット確保のチャレンジはしてもらうことをお願いして店を出ました。

翌日びゅーへ。
こちらでは個室以外のB寝台はツアー枠で確保があるとのことでしたが、
第一希望のB寝台二人用個室デュエットはやはり発売日からの早い者勝ちだそうです。
それも一瞬にして無くなるとのこと。

で、こちらでも手配をお願いしました。


帰り道たいちに「北斗星がダメだったらどうする?」「はやてで青森に行く?」ときいたら
「こまちでもいいよ」とのこと。

この返事に「現実が見られるようになったなぁ、大人になったなぁ」などと感心しながら
近所の商店街を通ると、七夕の笹飾りが書けるように置いてありました。

現実は現実だけれど、、、やっぱここはひとつ神様にもお願いしてみよう。
たいちは短冊に電車の絵を力強く描き、
やっとかけるようになった自分の名前を裏にこれまた大きく書きました。


JRでは一ヶ月前に切符を売り出すのでこの週末が決戦日でした。
10時10分、電話がなりました!
「JTBです。北斗星ですがB寝台ソロの個室で取れました」
「ん。。。。。どうしたものか。。。。。」
ちょっと考えて電話させていただくと言って電話を切りました。

ソロだとたいちが寝て私が座っていくのかなぁ?と想像したり
夫が笑いなが「らひとりは寝袋で床じゃぁ」とか言うし、
たいちは「ぎゅ~ってくっついて寝ればいいんじゃぁない?」って言うし。

新幹線でびゅ~んと行くよりも寝台列車に乗りたいじゃぁないですか、ねっ。

びゅーの方はどうだったんだろう。
かかってくるのが待てず電話して聞いたところ
「北斗星デュエットでおとりできました」って!!!

きゃ~やった~!


そしてもうひとつのお楽しみ列車もびゅーで確保できました。
やっぱりJRのチケットに関してはびゅーが一枚上手かなぁ。


追記:この夏の旅程はまた後日アップします。
[PR]
by mee-sayur | 2006-06-26 13:11 | 旅行

カテゴリ

全体
ベランダ
ちいさなお出かけ
旅行
たいちいろいろ
食べ物・飲み物
雑記
裏のベランダの秘密
未分類

以前の記事

2017年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
more...

その他のジャンル